トップへ » 診療科目 » 一般歯科(虫歯治療)

【虫歯治療】痛みの少ない虫歯治療を

痛みの少ない虫歯治療
歯科治療をうけるにあたり、患者さまが最も不安に思われること。それは、「痛み」をともなう治療だろうか、という点ではないでしょうか。

では、治療の際に生まれる「痛み」とは、いったいいつ感じるのでしょう。実は「痛み」は、麻酔注射の際に生まれるのです。麻酔というのは治療の際の痛みを抑えるためのものですが、その痛みを抑えるための注射で痛みが生じるのです。

逆に言えば、注射の際に生じる痛みを抑えられれば、治療そのものは〝完全無痛〟で終えることができるわけですね。

そこで当院では、注射の際の痛みを抑えるために、次のような方法で麻酔をおこないます。

●はじめに表面麻酔をおこなう
表面麻酔とは、まず麻酔薬を歯ぐきの表面に塗り、粘膜表面の痛みを麻痺させることです。これで、注射の針を刺すときの痛みを緩和させることができます。

●麻酔薬を人肌に近い温度に保つ
表面麻酔に加えて、麻酔薬を人肌に温めることで違和感を抑えることができます。

●極力細い針を使用し刺さる痛みを和らげる
痛みは、注射針を刺すときと麻酔薬を注入する際に生じます。ですから、注射針を刺したことに患者さまが気づかないような、できるだけ細い針を使用します。そして、なによりも重要なのは、注入の際の技術です。

注入の際の最初のひと押しは、まさにフェザータッチ。ゆっくりゆっくり注入してゆきます。これを自動化した電動麻酔は、注入のスピードが均一ですが、やはり最後に頼るのは、経験を積んだドクターの持つ〝さじ加減〟ではないでしょうか。

【当院の特徴1】できるだけ痛みの少ない治療

治療そのものが痛くなくても、麻酔が痛ければ患者さまの不安と心理的な負担を取り除くことはできません。当院は、麻酔一本についてもこだわりを持っておこなっているのです。

痛みを感じない治療また、手動でゆっくり麻酔をすることで、薬がよく効き治療中の違和感もなく、術後の痛みも軽減することができます。この麻酔方法ですと、なかには麻酔をされたことに気が付かなかった方もいるほどです。

この麻酔方法は当院の全ての歯科医師が身に着けているテクニックです。当院では、麻酔についても無痛であることを歯科医師に徹底しているので、安心して治療をお受けください。

【当院の特徴2】できるだけ歯を抜かない・削らない治療

患者さまの将来のお口の健康を見すえ、できるだけ自分の歯を残す治療をおこなうことが当院の目指すところです。虫歯の治療の際も、削って治すのではなく、薬剤やその他の方法を積極的に取り入れています。

できるだけ歯を抜かない・削らない治療歯は一度削ってしまうと、皮膚やつめのように再生することがありません。削ることは、歯の柔らかく弱い部分を露出することでもあります。たとえ詰め物をしたとしても、隙間などに汚れがたまり虫歯や歯周病のリスクをさらに高めることにもなるのです。

また、歯を削る際の音や振動は、患者さまへの大きな心理負担になります。

やむを得ない場合もありますが、患者さまの生涯にわたるお口の健康を考えれば、削らないで治す方法を一つでも多く取り入れることです。かけがえのない自分の歯で噛める将来を守りたいと思えば、「できるだけ歯を抜かない・削らない治療」を目指す以外にはありません。


トップへ » 診療科目 » 一般歯科(虫歯治療)


コールバック予約

Page Top