トップへ » 診療科目 » 一般歯科(虫歯治療) » 【虫歯治療】痛みの少ない虫歯治療を

【虫歯治療】痛みの少ない虫歯治療を

痛みの少ない虫歯治療
歯科治療をうけるにあたり、患者さまが最も不安に思われること。それは、「痛み」をともなう治療だろうか、という点ではないでしょうか。

では、治療の際に生まれる「痛み」とは、いったいいつ感じるのでしょう。実は「痛み」は、麻酔注射の際に生まれるのです。麻酔というのは治療の際の痛みを抑えるためのものですが、その痛みを抑えるための注射で痛みが生じるのです。

逆に言えば、注射の際に生じる痛みを抑えられれば、治療そのものは〝完全無痛〟で終えることができるわけですね。

そこで当院では、注射の際の痛みを抑えるために、次のような方法で麻酔をおこないます。

●はじめに表面麻酔をおこなう
表面麻酔とは、まず麻酔薬を歯ぐきの表面に塗り、粘膜表面の痛みを麻痺させることです。これで、注射の針を刺すときの痛みを緩和させることができます。

●麻酔薬を人肌に近い温度に保つ
表面麻酔に加えて、麻酔薬を人肌に温めることで違和感を抑えることができます。

●極力細い針を使用し刺さる痛みを和らげる
痛みは、注射針を刺すときと麻酔薬を注入する際に生じます。ですから、注射針を刺したことに患者さまが気づかないような、できるだけ細い針を使用します。そして、なによりも重要なのは、注入の際の技術です。

注入の際の最初のひと押しは、まさにフェザータッチ。ゆっくりゆっくり注入してゆきます。これを自動化した電動麻酔は、注入のスピードが均一ですが、やはり最後に頼るのは、経験を積んだドクターの持つ〝さじ加減〟ではないでしょうか。


トップへ » 診療科目 » 一般歯科(虫歯治療) » 【虫歯治療】痛みの少ない虫歯治療を


コールバック予約

Page Top