トップへ » ドクター紹介・経歴 » 理事長あいさつ

私たちが現場で日頃から願っていること

理事長あいさつ医療法人明貴会理事長の山口貴史です。

私が歯科医療の現場で日頃から願っていることは、「歯科医療の提供を通じて生涯の健康に貢献する」ことです。

手前味噌な表現になりますが、当院の多くの患者さまが通院を続けてくださっているのは、少なからず当院へ信頼感をいだいてくださっているからだと考えています。

そうした患者さまへ、いつでもできるかぎり良い歯科医療サービスをご提供するのは、歯科医師としての当然のつとめです。だからこそ、その願いを1つ1つ実現してきました。

プロフィール

医療法人明貴会 理事長 山口貴史

<経歴>
医療法人明貴会理事長
歯学博士
大阪歯科大学臨床講師
日本口腔インプラント学会専門医
国際口腔インプラント学会 専門医・指導医
ドイツ口腔インプラント学会 専門医・指導医
日本抗加齢医学会専門医
厚生労働省 歯科医師臨床研修機関指導医

難症例の方も悩まずに

理事長あいさつ当院には、他の医院で治療を断られてしまった難症例の患者さまも数多くおられます。どのような理由にせよ、治療を断わられてしまうのですから、悲観せずにはいられないでしょう。また断わられたらどうしよう、そんな不安な表情を浮かべて来院される気持ちが良くわかります。

そのような患者さまをみると、私は何とかして、笑顔を取り戻していただきたいと思います。

それは、自分自身のこんな経験があったからなんです。

歯科医師を志したきっかけとは?

理事長あいさつ子供の頃でした。猛烈な歯の痛みを経験をしたのです。それこそ、夜も寝られないほどの痛みです。子供だというのもあったと思いますが、いま考えても、この世にあれほどの痛みがあるのか、というほどでした。

経験のある方も多いと思いますが、歯痛ほど不愉快で、人間を不機嫌にさせるものはないと思うのです。しかも、すべてのこと、勉強も家事も仕事も一切、手がつけられなくなってしまいます。

母に連れられ、それこそ転がり込むようにして近所の歯科医へかけ込みました。その先生は、子供の私に対しても真摯に接してくれ、文字通りのジェントルマンでした。そんな先生の様子を見て、激痛をこらえながらも、なぜかホッとしたのを覚えています。

いま振り返れば、このときが私の人生の分岐点だったと思います。

なぜって、ものの数分で、かつてないほどの痛みを取り除いてくれたからです。子どもの私にとっては、魔法のように思えました。

私が歯科医師を志したきっかけは、私に治療をしてくれた、このときの先生との出会いにあります。その時、子供心に「魔法のように人の苦痛を取り去る、こんな素晴らしい職業があるんやろか」と思ったことをハッキリと覚えています。〝感動〟というものを初めて経験した出会いでもありました。

歯科医師としての原点にもなった、この先生とは今でも懇意にさせて頂いています。

スタッフたちが支える歯科治療

理事長あいさつ私が歯科医師を目指すきっかけになった子供の頃の経験から数十年。現在の歯科医療は、さらなる高度化へと拍車をかけています。より高い技術を提供するためには、より強いチームワークが必要です。

おかげさまで、そんな私の〝想い〟に当院のスタッフ全員が共感し、治療技術や知識についてはもちろんですが、患者さまに対する接し方やホスピタリティの向上に尽力してくれています。

スタッフたちのチームワークが生みだす、高度な治療と技術力こそが、当院の最も自慢できるポイントです。

理事長の立場でありながら、当院スタッフを称賛するのは、手前味噌も過ぎると失笑をかうかも知れません。いえ、しかしあえて言わせていただきたいと思います。

当院のスタッフが、いかに現状に満足することなく自己を磨き続けているか。いかに患者さまのことを一番に考える思いやりをもっているか。

私もまた、そんなスタッフの向上心に応えなくてはなりません。当院がさらに質の高い歯科医療サービスをご提供できる歯科医院であるよう、スタッフの学びの場や機会を支援し、最高のチームワークで患者さまの将来の健康を支えていきたいと思っています。

スタッフ育成がレベルの高い医療へとつながる

理事長あいさつスタッフの向上心に応えるため、私は当院の利益の半分をスタッフの教育と育成にそそいできました。とくに、各分野における資格の取得については、できる限りバックアップしています。スタッフの教育と育成こそが、当院のレベル維持につながるからです。

もちろん〝資格〟は、あくまで〝資格〟。資格を持っているから歯科医師として、スタッフとして優秀とは言い切れません。しかしその一方で、一定の水準を満たしていることを客観的に証明するのも〝資格〟です。

資格を持つことで、患者さまが少しでも安心して当院の治療に臨んでいただけるなら、やはり資格は持つべきものと考えています。

資格を持つことの意味とは?

理事長あいさつ私自身、国際インプラント学会の指導医・日本口腔インプラント学会専門医の資格を持っています。資格取得のためには、やはりそれなりの「努力・経験・知識」が必要となります。

それぞれのスタッフが忙しい仕事の合間をぬって資格取得の勉強をする。これは、患者さまを思う気持ちと向上心がなければできないことです。

常に最新の歯周病ケアをご提供できる「認定衛生士」。カウンセリングのプロである「トリートメントコーディネーター」。「ホワイトニングコーディネーター」。認定助手の「アドバンスコース」。当院には、様々な資格を保有しているスタッフが数多く在籍しています。

スタッフ同士がお互いのマインドを刺激しあい、共に成長することは、チームワークで医療をおこなう上ではとても大切です。それが患者さまへの最適な治療方法や技術の提供につながるからです。

秘密は日本拳法にあり!?

理事長挨拶実は、私は日本拳法をしており、今では五段を取得しています。歯科治療のかたわらに子供たちの指導もおこなっています。日本拳法をはじめとする日本の武道が、「仁義礼智信」を重んじているのをご存知でしょうか。

この「仁義礼智信」を一言で説明するなら、実は〝チームワークをいかに作るか〟の教えなんです。つまり、チームワークに必要な土台となる相互信頼の精神を意味しているんですね。

当院のスタッフによるチームワークは、この「仁義礼智信」の精神に象徴されるものです。これに加えて、「仁義礼智信」が持つもう1つの意味、〝人に尽くし、思いやる〟精神を取り入れたのが、当院の医療システムです。

時代が変わっても結果を得るためには、将来を見据える視点が不可欠だと私は思います。現在もより良い歯科医療の提供を実現する当院ですが、これからもこの状況に甘んじることなく、常に未来に目を向け患者さまに最新の歯科医療サービスを提供していきたいと思っています。

学歴・論文

学歴
1982年 歯内療法学教室 入局、マス歯科医院勤務
1984年 大阪歯科大学 歯内療法学教室 退局
日本歯科研究研修協会 補綴学スペシャリティーコース終了
1984年 日本歯科研究研修協会 歯内療法学コース終了
1986年 山口歯科医院開院
1986年 HPI研究所歯科医学臨床コース終了
1987年 ブローネマルクシステムインプラント 口腔外科・補綴科両コース終了
1991年 MTI京都 創設
1991年 大阪歯科大学口腔外科第2講座 入局 専攻生 博士課程
1999年 WCOI(World congress for oral implantlogy)会員
1999年 IADR(International association of dental research)会員
1999年 日本インプラント学会会員
1999年 ノーベル財団 ノーベルバイオケア社 公認インストラクター
1999年 スクリューベントインプラント社 公認インストラクター
1999年 日本歯科臨床医学会会員
2005年 国際口腔インプラント学会(ISOI)認定医 取得
ドイツ口腔インプラント学会(DGZI)認定医 取得
2005年 臨床研修指導医 取得
2005年 日本口腔インプラント学会認定医 取得
2005年 厚生労働省 歯科医師臨床研修機関指導医 取得
2009年 日本口腔インプラント学会専門医 取得
2010年 日本抗加齢医学会専門医
2013年 国際口腔インプラント学会(ISOI)専門医・指導医
ドイツ口腔インプラント学会(DGZI)専門医・指導医

発表文献
1999年 当施設におけるブローネコルクシステム。インプラントの過去8年間の臨床統計的観察
2001年 「Ten-year results with Branemarks system implants. Proceeding of 5th world congress for oral implantology 2001:460-461.」
2001年 「Ten-year results with Branemarks system implants. 5th Congress for oral Implantology Program & Abstracts of 5th Congress for Oral Immplantology 2001:129.」
2001年 「Prognosis of the Branemark system implants during 10 years. J Dent Res :2002;81(Special Issue):436」
2002年 IADR「ブローネマルクシステムインプラント8年間の臨床統計的観察」
2002年 日本インプラント学会「PRP(多血小板血漿のインプラント外科への応用に関する研究)」
2002年 IADR サンディエゴにて「ブローネマルクシステムインプラント10年間の臨床統計的観察」
2003年 「多血小板血漿(PRP)を用いた顎骨再生.日本インプラント学科誌雑誌:2003;58.」
2003年 「ヒト多血小板血漿の成長因子に関する検討.歯科基礎医学会雑誌:2003;45:381.」
2003年 「上顎骨高度吸収例におけるPRPを用いた上顎洞拳上術.第32回日本口腔インプラント学会総会 日本口腔インプラント学会誌:2003;16:66.」
2004年 「Augumentation of foreign surface fixture using PRP grafting materials. 6th World Congress for Oral Implantology Program of World congress for Oral Omplantology 6 :2004;(Program of World Congress for Oral Implantology 6):34. (Satelite AADR/IADR Poster session)」
2004年 「A change in transendothelial migration cytokines of PRP during bone creation using dental implants. 6th World Congress for Oral Implantology Program of World Congress for Oral Implantology Program of World Congress for Oral Implantology 6:2004;(Program of World Congress for Oral Implantology 6):35.」
2004年 「Augumentation of foreign surface fixture using PRP grafting materials. 82nd General Session & Exhibition of the IADR Jornal of Dental Research :2004;83(Special Issue A (CD-ROM)):2059.」
2004年 「A change in cytokines of human PRP furing transedothelial migration.82nd General Session & Exhibition of the IADR Jornal of Dental Research :2004;83(Special Issue A (CD-ROM)):3723.」
2004年 「多血小板血漿(PRP)を用いた顎骨再生.日本口腔インプラント学会誌:2004;17:67.」
2004年 「歯槽骨再生に関する多血小板血漿の検討. Jurnal of Oral Biosciences :2004;46:380.」
2004年 「ヒト多血小板血漿の成長因子の生化学的検索. 日本口腔科学会雑誌 横浜:2004;53:**.」
2004年 「How we augment Alveolar bone by PRP.6th World Congress for Oral Implantology Program of World Congress for Oral Implantology 6 :2004;(Program of World Congress for Oral Implantology 6):22. (Table Clinic)」
2004年 「Rigid augmentation of the maxillary sinus by a autologous PRP and bone : The use of implants for treatment of atrophic maxilla.6th World Congress for Oral Implantology 6 :2004;(Program of World Congress for Oral Implantology 6) :37.」
2004年 「Ten-year results with Branemarks system implants. 6th World Congress for Oral Implantology 6 :2004;(Program of World Congress for Oral Implantology 6) :37.」
2004年 「Rigid augmentation by autologous PRP and dental implants.82nd General Session & Exhibition of the IADR J Dent Res :2004;83(Special Issue A(CD-ROM)):0832.」
2004年 「PRPと自家骨を応用したインプラントの実験的骨欠損部における顎骨造成過程の共焦点レーザ顕微鏡による観察. 日本再生歯科医学会雑誌:2004;2:124-130.」
2004年 WCOI ハワイにて「355 Rigid augmentation of Maxillaly Sinus by mixture of autologous PRP and Bone: The use implant for treatment of atrophic maxilla」
2004年 IADR「39527 Rigid augmentation by autologous PRP And dental implants」
2004年 日本インプラント学会「垂直的仮骨延長後にブローネマルクシステムインプラントを埋入し、オステル装置によるISQ値測定」
2004年 日本歯科学会「PRPと骨移植を用いた顎骨の再建後のインプラント埋入」
2005年 「インプラント治療にPRPを用いた顎骨再生. 日本歯科医師会雑誌 :2004;57(4):410.」
2005年 「インプラント治療にPRPを用いた顎骨再生. 歯界展望 :2005;293.」
2005年 「Evaluation after prosthesis treatment of the Maxillaly sinus lift protion with grafted out ologrees program of Gloval Oral Imprant Academy 2005.」
2006年 「自家骨とPRPを用いたサイナスリフト部におけるインプラント補綴処理後の評価. 京都府歯科医学会 雑誌.」
2007年 京都府歯科学会「自家骨とPRPを用いたサイナスリフト部におけるインプラント補綴処理後の評価」
2007年 日本口腔インプラント学会誌「自家骨と自己PRPを用いたサイナスリフト後の評価」
2010年 「インプラント埋入時における歯槽骨欠損部の新生骨再生過程に及ぼすβ一TCP及びPRP(多血小板血漿)の影響」 日本口腔インプラント学会誌
2010年 「歯科から始めるアンチエイジングー歯肉マッサージを導入して」 京都府歯科医学会雑誌
2011年 「訪問診療における施設スタッフに対する口腔ケアの指導について」 京都府歯科医学会雑誌
2011年 「インプラント体周囲骨欠損の新生骨形成過程におけるβ一TCP及びPRP(多血小板血漿)の影響」 大阪歯科学会雑誌・日本口腔インプラント学会雑誌
2012年 「β一TCPとPRP(多血小板血漿)を使用したサイナスリストエレベーションの当医院にけるサバイバルレートと注意点について」 京都府歯科医学会雑誌
2012年 「訪問診療での施設スタッフに対する口腔衛生指導モデル施設を基にしたアプローチについて」 京都府歯科医学会雑誌
2012年 「糖尿病患者に対する歯周治療に関して抗加齢医学会指導士としての症例報告―歯科と内科と眼科の連携」 京都府歯科医学会雑誌
2013年 水圧を利用したクレスタルアプローチ及びラテラルウインドウよりアプローチするサイナスフロアエレベーションまたピエゾサージェリーを用いたケースの比較検討

トップへ » ドクター紹介・経歴 » 理事長あいさつ


コールバック予約

Page Top