2009年4月 « トップへ » 2012年1月

2010年4月26日

歯周病はどうやって治すのでしょうか?

歯周病が進行し溶けてしまった骨は通常もとに戻すことはできません。症状を悪化させないようにすることが大事です。

歯周病の原因は何よりもバイオフィルム(歯垢・プラーク)です。歯周病になってしまった際には、根源であるバイオフィルム(歯垢・プラーク)=細菌をいかに減らしていくかが重要なポイントです。細菌を減らすためには、歯科医師・歯科衛生士による専門的な歯石除去などお口の環境を整えたうえで、ご自身の毎日のブラッシングによリ細菌を増加させないことが大切です。

歯周病はどのように予防するのでしょうか?

歯周病を予防するためには、何よりもまずプラークコントロールが不可欠です。歯の周辺に付着したバイオフィルム(歯垢・プラーク)を除去し、細菌を減らすことで歯周病の進行を食い止めることができます。

歯の表面に付着したバイオフィルム(歯垢・プラーク)は、ご自身の毎日のブラッシングによって取り除くことができますが、歯肉の内側深く入り込んだバイオフィルム(歯垢・プラーク)は、ご自身で除去できないため歯科医院にて清掃を行う必要があります。ご自身と歯科医院の相互の取り組みによって、歯周病を予防していきます。

歯周病は何歳位から起こるものですか?

歯周病は成人してから起こるものと思われていますが、実は歯周炎の前段階ともいわれる歯肉炎は幼少期から起こりうるものなのです。

また、歯周炎は痛みなどの自覚症状がほとんどないために、発見が手遅れになることもしばしばです。歯周病を予防するために、毎日の適切な歯みがきと歯科医院での定期検診が重要です。

歯周炎と歯肉炎は違うものですか?

歯周炎は炎症が歯の周辺の広範囲に及んで、歯肉だけでなく歯を支える歯槽骨まで広がります。その症状には個人差があり、大半の歯槽骨を失うほどの重いケースもあります。

一方で歯肉炎は炎症が歯肉のみに及んでいる症状で、歯の周辺の歯槽骨は正常な状態にあります。

歯槽膿漏と歯周病は違うものですか?

同じものです。

これまで、歯の周辺の歯肉が腫れ、膿が出るという症状から「歯槽膿漏」という名称が主に使用されていました。一方で最近は、歯肉だけでなく、歯を支える歯槽骨をはじめ、歯の周辺の広範囲に様々な症状が現れるため「歯周病」という名称が多く用いられるようになりました。

歯周病とは、どんな病気なのですか?

歯周病とは、「歯の周りの歯ぐきに炎症を起こし、歯を支える骨が溶けていく病気」です。

歯と歯ぐきの境目についたバイオフィルム(歯垢・プラーク)から歯の根にそって菌が入り込み、歯を支えている周りの骨をじわじわと溶かしていき、放置していると最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。

また、歯周病は「沈黙の病」などと呼ばれるようにほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化してしまうことがあります。

発音しにくくなった気がします

お口の中の環境が変化したためです。これは慣れなのですが、慣れる期間については個人差があります。

頬や舌のあたりを、噛んでしまいます

歯のない期間が長期に及ぶと、歯のなかったスペースに頬や舌が入り込んできます。そこに新しい歯が入ると頬や舌の筋肉がその変化に対応できずに、舌や頬を噛んでしまうことがあります。

筋肉は徐々に慣れていきますから、心配はありませんが、一度噛んでしまうと腫れてふくれるので、また噛んでしまうという悪循環が生じてしまいます。

あごの骨が少なくなってきた気がします

歯槽骨(あごの骨)は、加齢とともにある程度吸収していきます。インプラント周囲骨も例外ではありません。しかしまれに、過重負担や感染、免疫のバランスが崩れた場合、骨吸収はさらに加速することがあります。

インプラント周囲骨が大きく吸収してしまった場合は別の治療法を検討する必要があることもあります。そのような骨吸収をいかに最小限に抑えることができるかがインプラント治療の今後の課題です。

鼻から頬にかけて、感覚異常があるのですが......

上顎洞炎の可能性があります。上顎の上方には上顎洞という鼻に通じる空洞が存在します。
歯やインプラント体の先端は、この上顎洞と接近しているために、もしも細菌感染が起きた場合、この上顎洞にも炎症が波及してしまう可能性があるのです。天然の歯でも見受けられる症状です。

インプラントをして数年後にインプラント体が動揺・脱落してしまった

多くの場合、インプラントの過重負担とインプラント周囲の感染症が原因です。
揺れているインプラント体を、ムリにお口の中に残しておくと、周囲の骨がさらに悪くなってしまいます。インプラント体を取り除いて骨と粘膜が治るのを待ち、再び新しいインプラントを植立するか別の治療法を選択するかを検討します。

感染に関しては、インプラントも歯と同じように歯周病にかかることがあります。
病気や免疫・体調の変化で、さらに加速することもありますから、日ごろのプラークコントロールは重要です。また、ちょっとした噛み合わせの変化が、インプラントをだめにしてしまうこともありますので、定期検診は必ず受けるようにしてください。

噛みごこちが少し違うのですが......

天然歯には、歯とあごの骨の間に歯根膜というクッションがありますが、インプラントにはこのクッションがなく直接あごの骨に結合しているため、噛んだときの力が骨に直接伝わるためです。周りの歯とのバランスを考えながら噛み合わせの調整をします。

インプラントはどのくらいもちますか?

お口の衛生状態が悪いとインプラントの寿命が短くなる場合もあります。
今現在も広く使用されているチタン製のボルトタイプのインプラントの歴史は1950年から始まり、実用化されたのは1965年からです。実例として、1965年にインプラントを行った患者が亡くなるまでの41年間問題なく機能しておりました。

つまり40年間耐えられる実績は証明されております。常に衛生状態を良好に保ち、定期的なメンテナンスにより担当医師や衛生士の指導に従っていただくことが大切です。インプラントの10年生存率は95~97%前後です。

手術後に注意することはありますか?

手術後は、激しい運動、入浴(長湯しなければシャワー等は問題ありません)、飲酒も避けてください。また、感染を防ぐため、出された薬をきちんと飲んでください。うがいは手術翌日から行い、患部を清潔に保ってください。

自分の歯と同じように噛むことはできますか?

自分の歯と同じように考えていいと思います。自分の歯で噛める物はインプラントでも噛めます。

定期的な検診は必要ですか?

インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病と同じ様なインプラント周囲炎にはなります。またインプラント周囲炎になると非常に進行が早いため、予防するために定期的なチェックとクリーニングが必要です。

手術後は歯が抜けたままですか?

ほとんどの場合、仮歯もしくは入れ歯を入れるようにしております。手術によってはすぐ入れられない場合もありますのでご相談ください。

薬は飲まなくてもいいですか?

痛みがなくても、抗生物質は歯科医師の指示に従って服用していただきます。感染予防と炎症を和らげる効果があります。

手術後の歯磨きはしてもいいですか?

手術した部位の歯ブラシは避けてください。縫い合わせている糸が切れたり傷口がひらいたりしますので、他の部位を歯ブラシで丁寧に磨くことをオススメします。

その際、歯磨き粉は使わないようにしてください。また、歯磨きの後の「ぶくぶくうがい」もしないようにしましょう。どうしても、という方は軽くゆすいでツバを吐く程度でお願いします。2日目からは生理食塩水でうがいをして頂きます。アルコール成分が含まれる刺激の強い洗剤はしばらく使用しないようにして下さい。

手術後のお風呂は大丈夫ですか?

できれば軽くシャワー程度にしてください。体が温まると血流が盛んになり痛みが出たり、腫れや出血の原因になります。

手術後の食事は大丈夫ですか?

ほとんどの場合、術後3~4時間ぐらいで麻酔が切れます。しびれがなくなれば食事をしても大丈夫です。ただ、できるだけ手術をしていない箇所で食べ物を噛んでください。十分に栄養バランスのとれた食事をとっていただいた方が抵抗力がつきますので早く治ります。ご希望があれば、介護食などのご案内もしております。

手術後の運動は大丈夫ですか?

当日はできるだけ運動は避けてください。体が温まると血流が盛んになり痛みが出たり、出血の原因になります。また体が疲れると抵抗力がなくなり治りも悪くなります。

手術後、腫れたりしませんか?

患者さんによっては外科的刺激が大きくなり少し腫れることもありますが、それ自体は手術に対しての当然の反応なので心配はいりません。多くの方は48時間後に腫れがピークとなり、約1週間ほど経てば完全に収まります。

他人からインプラント治療を受けたことが分かってしまいませんか?

外観からインプラントをしていることに気づかれることは、まずありません。

食事中に外れたり、カタカタ音がしたり、会話中発音障害などもほとんど起こりません。インプラントは自分の歯と同じように噛め、食事や会話を楽しむことができます。

インプラントが歯周病になったらどうしますか?

インプラントは歯周病にはなりませんが、インプラント周囲炎という病気になる可能性があります。重度の場合は手術が必要となってきます。場合によってはインプラントを除去することもあります。とはいえ、定期検診に通うことでインプラント周囲炎を早期発見できます。

食べ物で気をつけたほうがよいものはありますか?

何でも召し上がって頂けますが、治療終了直後は少し慣れていける様に指導させて頂きます。

インプラントが失敗したらどうなりますか?

患者さんが再手術を望めば、もう一度インプラント手術を行うことができます。再手術の費用は保証内で行います。

手術後の入院は必要ですか?

入院は必要ありません。手術後は安静にしていただくように説明しておりますが、デスクワークなどの事務処理の仕事や日常生活には差し支えないと思います。

治療期間はどのくらいですか?

早い方なら、約2ヶ月程度で正常に噛めるようになります。骨造成の有無や、骨の状態により期間はかなり違いますので、治療計画を決定後、治療の流れ・期間がわかりやすい工程表をお渡ししています。

手術中はずっと口を開けてなくてはいけませんか?

手術中もコミュニケーションをとりながら行いますので、どうぞご安心ください。

手術時間はどのくらいかかりますか?

1~3本ぐらいであれば、30分から1時間ぐらいで終わります。また、骨を作ったりと複雑な手術になるともう少し時間がかかります。いずれも日帰りで行う事ができます。

インプラント治療はやはり大変ですか?

「大変な手術をする」というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。しかし、ここ十数年で素材や形態・植える方法が改良され、以前より短時間で処置できるようになりました。さらに、経験豊富な歯科医師による治療で安心安全です。

最近では、素材が良く処置が以前に比べて簡潔になったことから、インプラントの件数も増えてきました。また、長期的にも機能することも分かってきました。

しかし一方で、やはりアフターケアの重要性が問題となっております。まずは、全身疾患の有無や喫煙の有無を確認致します。必要であれば、内科受診や禁煙をおすすめしております。

手術は痛いですか?

インプラントの手術は局部麻酔をかけますので、痛みはありません。さらにストレスなく手術を受けて頂ける、静脈内鎮静法も用いておりますのでおたずね下さい。

高血圧ですが、インプラント治療はできますか?

当院では治療前に必ず血圧測定を行います。インプラント治療に限らず必要であれば、かかりつけ医と相談し治療を進めています。高血圧に対する指導と数値のコントロールがされていれば問題無くインプラント治療を行うことができます。

喫煙者ですが、インプラント治療はできますか?

喫煙者は絶対にインプラント治療が受けられないというわけではありません。とはいえ、喫煙はインプラントだけでなく、歯周病に対しても症状を悪化させる原因のひとつです。

タバコを吸われる喫煙者は、非喫煙者に比べインプラントの成功率が低いことが、学会の発表でも証明されております。タバコのニコチンによる血流阻害や血管収縮はインプラント治療に悪影響を及ぼすからです。

骨の量が少なくても大丈夫ですか?

骨の少ない方は骨を増やす手術(GBR法、サイナスリフト法、スプリットクレフト法など)を行えば、問題ありません。歯科用CT画像(3次元画像)を元に治療計画をたてますので、ご安心ください。

インプラントはどの歯科医師でもできますか?

基本的には、歯科医師免許さえあれば誰でもインプラント治療は可能です。とはいえ、長年、経験と実績を重ねた歯科医師による治療が安心・安全だと考えております。なかには外科手術の経験が少ない歯科医師もいますので、よく質問し検討してください。

即日インプラント(その日のうちに歯が入るインプラント)はできますか?

お口の中の条件があう場合、骨の硬さや、骨の厚みなどにより、状態がいい場合、その日のうちにインプラントを埋入し、仮歯を入れる治療法を選択することができます。一度、ご相談ください。

インプラントができない人はいますか?

18歳未満、心臓病、重度の糖尿病、重度の骨粗しょう症など健康状態が著しく悪い方は適しておりません。心配な方はご相談ください。

金属アレルギーは大丈夫ですか?

インプラントはチタンでできています。

チタンは金属の中でもかなりアレルギーは少ない金属です。しかし、もしチタンアレルギーの方にインプラントを入れると、インプラントが抜けてきます。金属アレルギーやチタンアレルギーの疑いがある場合はパッチテストなどで調べる必要があります。

糖尿病ですが、インプラント治療はできますか?

糖尿病をお持ちの方は一般的には、インプラント治療は不向きだとされています。しかし、医師の管理のもとで、コントロールされている軽度の糖尿病の方は治療を受ける事ができます。

ただし、患者さんによって症状が違いますので、ご相談の上最適な治療法を提案いたします。

噛み合わせが悪くても大丈夫ですか?

噛み合わせなどを含めて総合的に診断を行い、治療計画を立てますので、問題はほとんどありません。

2010年4月21日

歯と歯の隙間が気になるのですが......

隙間の度合にもよりますが、歯の表面を薄く削り、セラミックを接着し修復する「ラミネートベニア」という治療方法があります。歯を削る量も少量で済み、治療回数も2回程度で歯と歯の隙間を治すことができます。

セラミックは変色しませんか?

セラミックとは陶材のことで、ご存知のように食器などに使用されている素材です。陶器と同じように水分の吸収が無いため、変色せず、歯を白く 保つことが可能です。また、セラミックの最大の特長は、他の素材に比べて天然の歯に最も近い色調と透過性を再現できることです。

もし、治療後の歯を自然な色合いに仕上げたいとお考えなら、セラミック治療をお勧めいたします。

銀歯を目立たなくする方法はありますか?

銀の被せ物を一度はずし、白く透明度の高いセラミック製の素材に被せ直すことにより、自然な色合いになります。

審美歯科治療に保険は適用されますか?

歯科診療は保険診療と自費診療に分けられるのですが、審美歯科治療は、使用する材質によって保険の適用外になります。しかし、保険が適用されるレジンや金属より、保険外のセラミックの方が美しく耐久性があります。

真っ白な歯で笑顔に自信を持ちたいのですが、費用が心配です。

当院では、予算に応じて「ここは保険で」「ここは部分的な詰め物で」とプランニングし、費用をご提示いたします。

またクレジットカードのお支払や、分割払いのデンタルローンも可能です。

歯を白くする方法はいくつかあります。クリーニング、ホワイトニング、審美補綴、どの方法がご自分にあうか、口腔内を確認したうえで一緒に考えていきます。クリーニングで白くなるなら5,000円(税抜)です。

どのくらいの期間で治りますか?

治療する歯の本数、内容によってかなり異なります。単純にかぶせるだけなら最短2回ですが、状態によって回数がかかることもあります。当院では、カウンセリング時に期間についてもご相談いたします。

審美治療ってなんですか?

審美歯科とは、良く噛めるように治す、虫歯を治すだけではなく、美しさと自然な口元にも焦点を当てた、総合的な歯科治療のことです。

「歯の色や、歯ならびが気になる」などの悩みをお持ちの方、ぜひ一度ご相談ください。



2009年4月 « トップへ » 2012年1月


コールバック予約

Page Top