2017年3月 5日 « トップへ » 2017年5月 8日

2017年3月26日

もうすぐ春ですね


 とても寒い日が段々和らいできました
 私は夜に読書をすることが多いのですが
 最近は布団の上で本を読むことが多くなってきました
 友人からたくさんの本を頂いたので
 それを近頃はそれを読んでいたのですが
 読むのがむつかしい本が多くつらくなってきたので
 そういう時はもうずっと好きな本を間に再読しています
 
 お薦めはイギリスの作家のチャールズ・ディケンズです
 好き過ぎて、日本で翻訳されている本は全部揃えていますが
 買いやすい本として、新潮文庫から出ている
 『ディヴィッド・コッパーフィールド』です
 全四巻ですが、笑いあり涙ありでとても読みやすいです

 ディケンズの作品はロンドンの市井の人々が出てくる
 俯瞰的な群像小説です
 貧しい人や悪い人、金持ちや心の貧しい人、優しい人、
 美しい人、醜い人、沢山の人々が哀れだったり、
 幸せだったりする作品はとても魅力的で
 一度読みだすと、ずっと読んでいたい気持ちになってしまいます
 私も数えきれない程読んできたので、本がもうぼろぼろです
 
 人はいくつもの相反する思いや欲を心に持っています
 そういうアンビバレントな気持ちが、
 この作品に反映されて、普遍的に愛されているのだと思います
 何百年経っても変わらない人々の様子を読んでみるのも
 一興だと思いますので、読む本に困っている方がいれば
 是非手にとって読んでいただきたいです

 DA早川


2017年3月 5日 « トップへ » 2017年5月 8日


コールバック予約

Page Top