トップへ » 診療科目 » 痛みが少なく、炎症を抑えるレーザー治療

痛みが少なく、炎症を抑えるレーザー治療

laser.png歯科医院で用いられるレーザーには様々な種類がありますが、
一般的なレーザーには、「炎症を抑える」「痛みを和らげる」「出血を抑える」「組織の回復を促す」などの効果があります。
また、虫歯菌や歯周病菌を除菌・殺菌する働きも認められています。
当院では半導体レーザー、CO2(炭酸ガス)レーザーの2種類のレーザーを使い分けております。

レーザー治療の効果
・歯周病の予防、インプラント後のメンテナンスに
歯周ポケット内やインプラントの周りにレーザーを照射することで、歯周病菌を減らすことができます。また、歯周病による歯茎の炎症や出血も抑えられ、治癒を促進する効果も期待できます。プラーク・歯石の除去などと併せてレーザー治療を行うとより効果的です。もちろん、歯ブラシが届かない箇所の細菌も除菌できるため、歯周病予防においても有効な方法だとされています。

・口内炎の処置
口内炎にレーザーを当てることで、しみる症状や痛みを軽減でき、治りも早くなります。口内炎だけでなく、誤って噛んでしまった傷(咬傷)や入れ歯が接触してできる潰瘍(かいよう)の症状も緩和できます。

・知覚過敏の処置
レーザーには、薄くなった組織を再生させる働きがあります。知覚過敏の部位に照射することで、歯の表面に薄い膜ができて神経が保護されるため、徐々にではありますが、しみる症状や痛みを和らげることができます。


トップへ » 診療科目 » 痛みが少なく、炎症を抑えるレーザー治療


コールバック予約

Page Top