トップへ » 当院が選ばれる理由 » 自由診療の一般的なリスクと副作用 » 審美・セラミック治療におけるリスクと副作用

審美・セラミック治療におけるリスクと副作用

審美・セラミック治療におけるリスクと副作用
1. 審美治療でセラミック治療を行われた場合、保険適用外となり自費治療になります。
2. 治療では、歯を削ることがあります。また、知覚過敏の症状がでる可能性があります。
3. 治療での歯肉の移植は、二次的な出血、疼痛、腫脹(しゅちょう)の恐れがあります。
4. 事前に神経の処置(根管治療)や土台(コア)の処置が必要となることがあります。
5. 個人差により、装着したセラミックは、欠け、割れ、脱離することがあります。
6. 咬み合わせ・歯ぎしりの強い方は、破損防止のためにマウスピースをおすすめすることがあります。
7. 審美治療後、自発痛、咬合痛、冷温水痛を生じることがあります。
8. 審美治療において、抜髄(神経治療)や抜歯が必要になることがあります。
9. 抜歯や外科処置を伴う場合、出血や腫脹を生じることがあります。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 自由診療の一般的なリスクと副作用 » 審美・セラミック治療におけるリスクと副作用


コールバック予約

Page Top